税理士人生、いつかは報われるさ!


by r85rjpbobo

1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)

 日本新薬は4月8日、カナダのラボファーム社が持つ独自の放出制御技術を適用した経口持続性鎮痛剤「トラマドール塩酸塩1日1回製剤」について、日本での独占的開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。錠剤のがん性・非がん性疼痛治療薬として、今年度中にフェーズ1試験を開始、2017年の発売を予定している。海外では、中等度から中高度のがんなどの痛みを適応として、米国やカナダ、欧州を含む17か国で販売されている。

 日本新薬のトラマドール塩酸塩の鎮痛剤には、独グリュネンタール社から導入し、がん性・術後疼痛治療薬として03年から販売している注射剤「トラマール注100」がある。09年度の売り上げは数百万円程度になる見通し。
 このほか、1日4回投与の速放性製剤(カプセル)について、今年半ばにがん性疼痛治療薬として承認を取得する見込み。非がん性疼痛治療薬としても開発を進めており、現在フェーズ2試験を実施中だという。

 日本新薬では、「製剤特性の異なるトラマドール塩酸塩製剤のラインナップを強化することで、さまざまな投薬ニーズに応えられる」としている。


【関連記事】
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
個人輸入代行のネットサイトのED治療薬、4割が偽造品
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
疼痛ケア「受けたことない」が約6割

「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” (産経新聞)
外相「空振りもある」緊急援助ドタキャン1800万(読売新聞)
西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手−沖縄密約訴訟原告(時事通信)
仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)
懐かしい街並みの写真、QRコードで携帯に(読売新聞)
[PR]
by r85rjpbobo | 2010-04-14 12:55